看護師の術後訪問ってどんなことを行うの?

オペ室看護師が行う術後訪問の重要性

手術室を担当する看護師は、術前訪問や術後訪問をして患者様のケアをします。 その中でも今回は、手術室担当の看護師が行う術後訪問の重要性についてお話をしたいと思います。
手術室(オペ室)看護師に強い求人サイトは?

術後訪問は手術が終了した後に「手術中の看護の評価を明確にすること」を目的にしています。 そして病棟看護師に引き継いだ「看護の問題点が継続してケアされているか」を確認するのです。

術後訪問の対象になる患者様は、主に手術中に合併症が見られてトラブルになったケースや手術中の看護で気になる点があった場合、そして病棟からのリクエストがあった場合です。 手術中の看護責任は手術室看護師が担当します。

術前・術中・術後を通じて手術室看護師は病棟看護師と一緒に継続的にコミュニケーションをとり情報共有しなければなりません。手術室という閉鎖的な環境にある仕事を病棟看護師にも理解していただく意味でも術後訪問は意義のある行為です。

術後訪問は単純に「やっておけば良い」ということではありません。 「術後訪問のタイミング・どの患者様へ対してどういった目的で実施するのか」を考えなければなりません。 不必要に訪問することによって「何回も看護師さんが来るのは、もしかしたらとっても重症なのだろうか?」なんて余計な不安を与えてしまうことになってしまい逆効果になることもあります。

術後訪問を実施する看護師自身も患者様の情報に対して手術中の看護を正確に評価できる能力がなければ問題を問題として捉えることができません。それでは術後訪問の意味がないのです。

以上のように、手術室担当の看護師が行う術後訪問の重要性があります。 近頃は入院日数を短縮化する動きがあります。手術日の翌日でも離床を進めたりして、患者様自身が積極的に治療を受け円滑な術後回復が期待されています。

病棟看護師の毎日の支援と一緒に手術室担当の看護師が支援をすることによって、前向きな気持ちで術後をすごしていただくように術後訪問の大切さがあります。